「在宅ワークって実際どうなの?」経験に基づいたリアルな情報を現役主婦在宅ワーカーがお届けします!

事務職フリーランスって具体的に何してんの?

なんだかんだ多忙な毎日を送っている皆見です!
いろんなお客さんといろんな仕事をしてると、どうしても予定通りにいかなかったり突発的な仕事が出てきたりします。
そんな中で「具体的にどんな仕事をしているか?」などを今回は紹介したいと思います。
なおお客さんの特定を防ぐために、お客さんの業種などの情報は省かせていただきます。

具体的にどんな仕事をしてるの?

ケース1
月末の経費支払い・給与支払い、毎月の記帳、決算準備など

経理代行会社さん経由でいただいたお仕事で、チームでお仕事をさせていただいています。
代行会社のディレクターさん、私ともう1人の在宅スタッフさんの基本3人で、決算の際には税理士さんも加わります。
もう1人の在宅スタッフさんが給与計算・源泉所得税納付・住民税や社会保険や入退社処理などの労務管理をしてくれています。
お客さんとも直接やりとりできるので私はやりやすく、ディレクターさんがおられることで、内部的なことやお客様対応で困った際に相談できるので安心です。
体制構築中の部分が多いのですが、そこも含めて私達在宅スタッフに任されているので、やることは多いですがやりがいがあります。

ケース2
売掛金管理、請求書発行、毎月の記帳など

事務や会計業務を中心に、女性の働き方支援をされている方からいただいたお仕事です。
ここではその女性社長さんが前に立っていただいていて、私はその後ろでサポートをする感じです。
その女性社長さんからすごく信頼されているのを感じますし、業務フローなどの改善提案などすごく私の意見も取り入れていただけるので、素直に「もっと頑張ろう!」と思います。

ケース3
売上一覧表作成

ケース1と同じ会社さんからのお仕事です。
約月150件ぐらいの売上日報をExcelで集計しています。
業務内容がシンプルなので、隙間時間でちょっとずつ進めることもできますし、まとまった時間でやってもそこまで長時間かからないので、他の業務との調整がしやすいです。

どこから仕事取ってきてるの?

フリーランスあるあるですが、紹介での仕事が多いです。
昔からの知り合い、さらにその方からの紹介などがほとんどで、自分から営業は今のところほぼしていません。
まだ仕事にはなっていませんが、独立計画中の友人も何人かいており、「独立したら仕事頼むわ」という話もあったりします。

仕事内容の割合は?

私は元々企業で経理を始めとする事務全般や会計事務所で会計業務や社内事務をしていたこともあり、経理・会計業務の仕事が多いです。
なので体感での割合としては、

経理・会計業務 8割
経理・会計以外の事務業務 1割
その他 1割

という感じです。
経理・会計以外の仕事も、経理・会計でもまた違った見方の仕事も、これから新しくどんどん増やしたいなーと計画中です。

最後に

人によって得意・不得意やバックボーンなども違うと思うので、それぞれにあった仕事があると思います。
なので「自分には何ができるだろう?何がしたいだろう?」と考えたらいろいろアイディアが出てくるかもですね。
事務ってすごくいろんな仕事が多岐にわたるので、自分なりの仕事の仕方や得意分野などが十人十色であるんじゃないかと思いました!
迷われてる方も、ぜひ一歩踏み出してみてください!

The following two tabs change content below.
皆見 佳子
接客・販売職として7年間勤務していたが、「スキルがついて長く続けられる仕事を」と転身を決意し、事務職→会計事務所に勤務。 現在は、会計・事務・障害福祉・Webなど何でもやりたがりのフリーランス。 明るく楽しく毎日を全力で生きる!がモットー。趣味は格闘技。
おすすめ