「在宅ワークって実際どうなの?」経験に基づいたリアルな情報を現役主婦在宅ワーカーがお届けします!

在宅ワーク1年目の悩み…

こんにちは キャリアコンサルタント幟建(のぼりたて)由佳です。

今日は(40代/二児の母/在宅ワーク歴1年)の方からのご相談にお答えします!

教えて!このまま在宅ワークを続けていけるのか心配

「在宅ワークを初めて1年が経ちましたが、なんとなくこのままで良いのかな?ずっとやっていけるのかな・・・と心配になってきました。在宅ワークは続けていきたいと思っています」

 

ご相談、ありがとうございます。
この1年間で、仕事の回し方やこなし方、家事育児時間とのバランスなどなど徐々に掴んでこられてきているのだと

思います。手探りしながら前に進んできた1年だったのではないでしょうか。

在宅ワーク1年目にやってくる!立ち止まるべき時間

1年経ち「このままで良いのかな?」「なんかうまくできていないんじゃないかな」
「あれもこれもで頭の中も時間もいっぱいいっぱいになってきたな」と考え始める方、
実はとても多いのです。

ふと立ち止まって「これまで」「今」「これから」を考えるタイミングです。
仕事を始めて1年、課題が見えてくる時期です。

私は何に悩んでいるのか?具体的にしよう
〇自分は今、何に困っている/心配をしているのか
〇できることとできないことが見えてきたのではないか
〇環境や体制の見直しの必要はないか
〇なぜ在宅ワークを始めたのか
〇初めてみて分かったことは何か
〇足りていないと感じているモノ(スキル)は何か

一つ一つ書き出してみましょう(常に私は「書き出しましょう!!」を推奨しています)。
毎日のスケジュール、家事育児でやるべきことなど頭の中はいっぱい。
これからの自分の「キャリア」について考えている最中に、仕事相手からメールが来て「あ、対応しなきゃ」や

子供たちを見て「あ、宿題どこまでやったのかな?」といろんな「対応すべきこと・考えること」がやってきて、

それに上書き保存されていってしまうという悲しい結末に…。
このループからの脱出は「書き出す」こと。途中で「思考」の邪魔が入っても思考を再開しやすい。

上手に文章にする必要はありません。人に見せるわけではないので、

思いのまま、考えていることのまま書き出しましょう。
感情も書き出せると、すっきりもしますよ!

(家族やママ友達に仕事の愚痴や悩みは、なかなか言えないですよね)
感情が絡むことで、更に悩みが複雑になっているということも往々にしてありますしね。

在宅ワークを続けたい気持ちがあるということは、在宅ワークに「価値」を感じているのでしょう。

では、早急に「悩みを解消」しましょう!

悩みを課題に(悩むと考えるの違い)

悩みが出てくる「いうことは、一生懸命その仕事、家事育児に向き合っているからこそ。
現状について何か「違和感」「うまくいっていない感じ」「やりたいことができていない感じ」を感じているから。
悩みを悩みで終わらせず、課題に変える。(現状把握からの課題設定ですね)
そして課題を解決に挑み、ステップアップする。

今日のことば

一生懸命やっているからこそ悩む
ただ、心配、不安、どうしよう、迷う…と言っていても「悩み」は解消されない。
そこから課題を見つけ出せるか。そこまで行きましょう。
課題は解決していけるもの。
出口につながるものです。

さぁ、あなたの悩みを書き出し、課題を解決しましょう!!!

The following two tabs change content below.
幟建由佳

幟建由佳

フリーランスのキャリアコンサルタント。二児の母。大学生から社会人まで男女問わずキャリア相談を経験。国家資格キャリアコンサルタント・キャリアコンサルタント技能士二級・産業カウンセラー資格保有。「働く人」「働きたい人」「働き方に悩む人」に自信のある一歩を。
幟建由佳

最新記事 by 幟建由佳 (全て見る)

おすすめ